Menu

漢方案内

Home

漢方薬について

稲垣産婦人科の漢方案内

漢方のすばらしい力を、あなたの体に活かしてください。

稲垣産婦人科の漢方案内

私たちは、そのお手伝いをしていきたいと願っております。西洋医学は痛みや症状を直ちに緩和する対処療法と考えられます。
それに対し漢方治療は、痛みや症状の根本を撃退してしまおうという考えです。つまり、個人の体質に合わせて、バランスを整えて免疫力や治癒力を高め、各臓器を活発化し、病気に強い体質に改善するのが漢方の目的です。

漢方薬の効く症状

生理痛、不妊症生理不順には、当帰芍薬散、桂枝ブク苓丸の合方が1番効果がある。

漢方薬の効く症状

冷え性が著明の場合には温経湯、三方を合方してもよい。更年期障害は色々な症状を伴うが頭痛、いらいら、不眠、めまい、多汗などなどすべてが投薬により改善、または軽減されている。
生理前、または雨の日前日に悩まされる頭痛には五苓散が有効である。

症状別で見ると

漢方薬について
風邪が長引く
たんが切れない、せきが続く

◆慢性疾患

高血圧、慢性胃炎、胃潰瘍の再発、糖尿病、悪性疾患における体力維持、食欲不振、過敏性腸炎、むくみ喘息、ニキビ、花粉症、腎炎、膀胱炎

◆各種の体質改善

慢性の胃腸機能の低下、更年期障害、体調がすぐれない、アレルギー体質、自律神経失調症、便秘

◆ストレスの多い人

うつ症、神経症、不眠症、頭痛、めまい

◆特に女性の病気

冷え性、生理不順、肩こり、のぼせ、腰痛

最近よくあるご相談

尿失禁についてはまだ誰にも相談できないで悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

最近よくあるご相談

体質によりまた年齢により投薬も変わりますがほとんどの方は14日の投薬でかなりの改善をみます。にきび、吹き出物は原因はさまざまですが女性にとっては大変気になり悩みともなります。思春期は特に親御さんが心配してご相談にこられます。

生活の習慣を改めるだけでも効果がでたケースもありますが投薬で完治またはかなりの改善がみられます。下痢、便秘で投薬を希望されている方もたくさんいらっしゃいます。ほかの病気ではなくただ便秘が習慣になっている方たちには体質、体力、年齢を考慮しながら投薬しています。